ちょっと不信感を感じてしまう交通事故

2016/12/19

私と友人が同乗中の車が追突事故を起こしてしまいました。

その日は私の車で友人を乗せて海へ向かう途中でした。運転歴はとても長いですが、今まで無事故です(違反は2度ありますが)。今の車を購入して丸3年は経過しているので、とても慣れた車として身内や友人が安心して乗ってくれる車でもありました。なので、まさかその私が事故に遭うなんて事は想像もしていませんでした。

その事故は本当に突然起こりました。走行中に突然、前の車が急ブレーキをかけて止まったのです。あまりに突然に急に止まるので、私もブレーキが間に合わず、前の車にこつんと当ててしまったのです。

専門家がよく見ないと分からない程度のキズはついたと思いますが、私ならば許すレベルの衝突事故の傷だと感じましたが、一応交通事故は交通事故なので、そこは真摯に行動をしました。

聞けば、私の前の車の人が急にブレーキをかけたので、仕方なく自分も急ブレーキをかけたと言うのです。本当に急ブレーキを前の車がかけたのかな?と少し疑いを持ってしまうほどでした。

私がぶつけてしまった車のドライバーさんは、私の車がぶつかった衝撃で、身体をハンドルに打ち付けたと言うのです(シートベルトは壊れていてつけられなかったと言っていました)。とにかく病院へ行きたいと言う事でしたが、その後も首が痛くて仕事が出来ないとか何とか言ってきます。

同乗していた友人は明らかにその交通事故に違和感を感じたというので、その後は専門の弁護士事務所に委託する事にしました。現在、弁護士さんを通じて示談交渉をしています。