塾の帰りに起きた事故

2016/4/22

私は高校生のころ、塾に通っていました。塾はいつも夜の九時半までで、帰りはだいたい自転車でした。いつも友達と塾帰りに自転車で帰るのですが、その日は、友達は親の迎えが来ていたので車で帰りました。なので、その日私は一人で、自転車で帰ることになりました。塾からの帰り道にはコンビニがありました。

そこのコンビニから道路に出るところは、かなり見通しが悪く、かなり近くにいかないと分かりませんでした。私は塾が終わって、かなり浮かれていました。なので、そのコンビニの近くを通るとき私は見通しが悪いということをまったく気にしていませんでした。

よそ見運転で接触

そして、その状態でコンビニの近くを通ろうとしたとき、道路の方から車で帰っている友達から「おーい」と声をかけられ、手を振られました。私は自転車にのっている状態でその方向へよそ見をし、手を振りました。すると、その瞬間、目の前をコンビニから出てきた大きな車が通りました。そして私はそのまま車に乗っかるような形でぶつかりました。幸い、どちらもかなり遅く運転していたおかげで私は無傷でした。

しかし、ぶつかった車は少し傷が付いていました。ぶつかった車の運転手はかなり優しい方であったのですが、警察を呼ぶ事態となりました。そしてまず親に連絡することにしました。しかし親が今出張でいないため、祖母を呼ぶことになりました。祖母はいましたが私は無傷でした。1番痛かったのは車の弁償代でした。交通事故なんて、するものではないですね。